カスタムパーツよりも純正パーツの方がいい?

バイクは人によっては純正パーツからカスタムパーツへと付け替える方もいます。カスタムパーツにすることで形を変えることができたり、雰囲気を変えられるなど魅力的ですが、売却をするなら純正パーツの重要性を知っておいた方がいいです。具体的に純正パーツがあるといい理由についてもここでは話します。

まずカスタムパーツは人によって好みが分かれることを頭に入れておくといいです。人によって好みが分かれるということは買い手の需要が限られてしまう可能性も高いので、純正の状態よりも低く査定されることも多いです。カスタムパーツの人気度や付け替えている部分によっては査定がアップすることもありますが、基本的には純正の方が価値は高いと言われているので売却を考えるなら知っておいた方がいいでしょう。

また、信頼性の部分でもカスタムパーツよりも純正の方が人気が高いです。基本的にカスタムパーツは社外品のものも多く、純正よりも信頼性の部分から言うと心配に思う人もいます。それに比べて純正はメーカーの部品なので信頼性もあり、安心感もあるので需要も高く中古でも高く売れる可能性があります。このように、純正パーツの重要性について話しましたが、特にカスタムパーツに替えている人でも純正パーツを保管しているなら査定時には一緒に持ち込むと査定額が下がることも少ないです。